スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

CN『あはれ』 執筆の進捗状況報告(3)

 執筆することに対して、“努力”というのは成立するのか。机の前に何時間座っていても、一行も進まなければ、それは“努力”と呼べないのではないか。一行も進まなくても、頭がフル回転していれば、“努力”していることになるのか。

 今日はそんなことを考えながら、真っ白なモニターを前にうんうんと唸っていました。唸っていたからと言って、何があるわけでもないので、とにかくタイピングに勤しみ……、そのまま3時間が経過。原稿用紙10枚程度の文章を書き終えました。

 それを読み直して思ったこと……、

 「恥ずかしい」
 読み進むのが辛くなるほど、稚拙というか何とも形容しがたい文章が並んでいました。何もないからと言って、こんなものを書いたらいかんだろう、というくらいの。
 そして、それはあの面白いと思っていた冒頭シーンが崩壊した瞬間でした。

 というわけで、白紙状態に逆戻りです。
 あと10日ないというのに、こんなんで大丈夫なのでしょうか。

 しかし、この3日間で何も収穫がないというわけでもなく、1つだけ学んだこと、というか掴んだことがあります。それは、短時間でも結構な量の文章は書けるということです。頭の中にイメージがあるというのが大前提ですが、それを消費しきるまでは自分でも信じられないくらいのスピードで筆が進みました。
 この感覚は、ちょっとしたカルチャーショックです。そんな感覚を味わうために、また真っ白なモニターの前でうんうん唸ろうと思います。

 以上、「CN『あはれ』 執筆の進捗状況報告(3)」でした。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする

秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。

このエントリーへのトラックバック

| ホーム |
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Profile

ムラカミ

Novels Index

Koubo Index

Books

Recent Entries

Comment

Trackback

Categories

Archives

LINK

Search

ETC


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。